VLOG 撮影機材

SONY αシリーズ徹底比較【 もうSONY以外使えません 】

SONY αシリーズの違いって何?

 

そんな疑問を解決したします。

 

この記事の内容

  • SONY αシリーズの違いについて
  • フルサイズとAPS-Cの違いについて
  • 機種ごとにおすすめのレンズ紹介

 

他のカメラメーカーが女性向けデザインのカメラや家庭向けのカメラを開発する中、世界のSONYは圧倒的なスペック重視で勝負しています。

 

SONYはミラーレス一眼レフカメラのシェアNo.1です。

ボディのコンパクトさと性能の進化も相まって、今後ミラーレスカメラは主流になっていきます。

これからカメラを始めてみたい方で一眼レフとの違いがよくわからない方は、勢いと進化が凄まじい「ミラーレスカメラ」で全く問題ないと言えます。

 

多くのクリエイターを魅了し続けているSONY αシリーズの違いについて紹介いたします。

 

この記事の信頼性

僕はフリーランス動画編集者として生計を立てています。また、VlogをYouTubeにアップしたり企業PR動画を撮影するのにSONY αシリーズを愛用しています。

SONY αシリーズ 徹底比較

SONY αシリーズ 徹底比較

フルサイズとAPS-Cの違い

SONYαシリーズには、フルサイズ機とAPS-C機があります。

 

この違いとはイメージセンサーのサイズの違いです。

フルサイズセンサー」と「APS-Cセンサー」があり、イメージセンサーによって現れる写真、動画の変化は絶大です。

同じ焦点距離のレンズを使用した場合でも画角の違いがあり、センサーサイズの違いから光を一度に取り込むことのできる量も異なるので、階調の幅広さなどの画質における変化も生じてきます。

 

フルサイズセンサーは一度に取り込むことのできる光の量が多いのですが、その影響でAPS-Cセンサーよりも光を集めることができます。

夜間など光量の少ない環境でISOを上げた撮影性能は圧倒的にフルサイズセンサーが有利となります。

光の情報が少しでも多いほど、画質の向上にはつながるため、フルサイズセンサーは光の少ない夜間や暗い環境において優れた能力を発揮します。

 

また、フルサイズ機は光を多く取り込めることにより、階調がより豊かになります。

紅葉などの色鮮やかなものを写真や映像に残す時に、より色彩のコントラストが鮮やかになります。

フルサイズセンサーは、フォトグラファーとして憧れの存在であり、より質の高い撮影を実現してくれるイメージセンサーです。

 

通常はAPS-Cからフルサイズに買い替えた場合、レンズの互換性がなくレンズも買い替えなければいけませんでした。

αシリーズの「ソニー Eマウント」はAPS-Cと35mmフルサイズの両方に対応するマウントで、通常は代替えの効かないAPS-C用レンズとフルサイズ用レンズの両方を使用することができます。

 

ご自身が撮影されるシーンの環境を考えた上でカメラ選びを行うと良いでしょう。

 

夜間や商業用の写真や映像を撮る場合は、フルサイズをおすすめします。逆に趣味で使う人はAPS-Cカメラでも十分のスペックです!

 

最高峰のスペック α9

α9


 

発売 2017年
価格 373,450円(税込)Amazon価格
センサーサイズ フルサイズ
有効画素数 2420万画素
連射速度 20コマ/秒
ISO 50~204800
動画 4K30fps
マウント ソニーEマウント
重量 673g

ミラーレス一眼の中でも最高峰のモデルです。

連写速度「20コマ/秒」というスペックはどんなに細かな一瞬の出来事も逃しません。

スポーツやライブイベント、野生動物、ネイチャーなどの撮影には最適な一台です。

 

α9におすすめなレンズ

α9におすすめなレンズは 24-70mm F2.8 GMです。

この最高峰のスペックを活かすために、レンズにも投資しましょう。


 

コスパ最強のフルサイズ入門機 α7シリーズ

2013年に登場した「SONY α7」は世界初のミラーレス一眼カメラです。

初代「Sony α7」の段階では、まだ撮影性能や操作性など従来の一眼レフカメラに比べて敵わないという印象でした。

しかし「Sony α7Ⅱ」「Sony α7Ⅲ」とモデルチェンジしていく中で性能面が格段に向上し、ミラーレス独自の技術も相まって、非常に注目されるようになりました。

 

α7Ⅲ


 

発売 2018年
価格 214,500円(税込)Amazon価格
センサーサイズ フルサイズ
有効画素数 2420万画素
連射速度 10コマ/秒
ISO 100~51200
動画 4K30fps
マウント ソニーEマウント
重量 599g

>>より詳しいカメラ解説記事はコチラ

 

フルサイズの入門機としてコスパが最強のα7Ⅲです。

瞳AF機能を搭載し、被写体へのピントを瞬時に合わせてくれます。

この機能が素晴らしく、Vlogの撮影にも非常に適しています。

 

メモリーカードも2枚挿入可能なデュアルスロットルなので多くのプロカメラマン、動画クリエイターが愛用しています。

 

僕も使ってるけど、Vlog、仕事現場での撮影、趣味の写真撮影とあらゆるシーンで大活躍してます。マジで買ってよかった。

 

α7Ⅱ

 


 

発売 2014年
価格 122,500円(税込)Amazon価格
センサーサイズ フルサイズ
有効画素数 2430万画素
連射速度 5コマ/秒
ISO 100~25600
動画 フルHD
マウント ソニーEマウント
重量 599g

 

Sony α7Ⅲの前期モデルのSony α7Ⅱ。

Sonyα7Ⅲが注目されている中、フルサイズでありながら、価格もかなり安くなっていてそれでも十分なスペックを兼ね揃えています。

 

気になる点は動画撮影が「フルHD」までなこととですが、主な用途が写真撮影であれば、スペックに全く問題はありません。

Sonyα7Ⅲは価格的に手が届かない方におすすめです。

 

 

α7シリーズにおすすめなレンズ

α7Ⅲ、ⅡにおすすめなレンズはTAMRON 28-75mm F2.8という標準ズームレンズです。

性能とコストパフォーマンスが抜群で、コスパ重視の方には最高のレンズとなります。

僕も愛用しています。


 

 

より遠くまで写したいという方にはズーム倍率が高いFE24-240mmがおすすめです。


 

α7R M4

 


 

発売 2019年
価格 369,700円(税込)Amazon価格
センサーサイズ フルサイズ
有効画素数 6100万画素
連射速度 10コマ/秒
ISO 50~102400
動画 4K S-Log2/3
マウント ソニーEマウント
重量 665g

 

Sony α7R M4は2019年に発売された、α7シリーズ最高峰のモデルです。

連写性能は10コマ/秒で、大幅に画素数がアップしても α7R IIIと変わらないところは非常に素晴らしいです。

α7Rはα7のスペックに、圧倒的な画素数を組み合わせたモデルですね。

 

リアルタイムAF機能を搭載し、動画撮影中も自動で被写体にピントを合わせ続けるので、動き回るお子さんの撮影や、自撮りでのVlog撮影にも非常に適しています。

 

α7Rにおすすめなレンズ

Sony α7Rにおすすめなレンズは、SONY 標準ズームレンズ FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ですね。

このレンズを組み合わせればプロ並みの写真が簡単に撮影できます。

ソニーのレンズは、描写力に優れていることで評価が高く、このレンズはまさにソニーのDNAを受け継いだ表現力に優れたレンズです。


 

α6000シリーズ 趣味用やYouTube向け

APS-C機のα6000シリーズです。

フルサイズと比べて価格も良心的で、初心者や趣味で使う方、youtube用動画を撮影する方に最適です。

しかしそのスペックは素晴らしく、他のメーカーのミラーレス一眼と比べて圧倒的にコスパが良いです。

 

α6600

 


 

発売 2019年
価格 158,220円(税込)Amazon価格
センサーサイズ APS-C
有効画素数 2420万画素
連射速度 11コマ/秒
ISO 50~102400
動画 4K30fps
マウント ソニーEマウント
重量 503g

 

α6000シリーズの最新モデルとなります。

APS-Cサイズのカメラで動画撮影をするなら最高のモデルになります。

ボディ内手ブレ補正が利き、バリアングルモニターが搭載されていますので、自撮りを行うYouTuberやVlog撮影に最適のカメラです。

 

α6500

 


 

発売 2016年
価格 127,000円(税込)Amazon価格
センサーサイズ APS-C
有効画素数 2420万画素
連射速度 11コマ/秒
ISO 100~25600
動画 4K30fps
マウント ソニーEマウント
重量 453g

 

α6600が登場するまでは、α6000シリーズの最上位機種でした。

発売から4年が経ちますが、低価格にも関わらずこのスペックは非常に優れています。

ボディ内手ブレ補正機能もついているので、趣味や旅行での撮影に最適なカメラです。

 

α6400

 


 

発売 2019年
価格 108,764円(税込)Amazon価格
センサーサイズ APS-C
有効画素数 2420万画素
連射速度 11コマ/秒
ISO 100~32000
動画 4K30fps
マウント ソニーEマウント
重量 359g

>>より詳しいカメラ解説記事はコチラ

2019年に発売されたα6000シリーズの入門モデル。

入門モデルと言ってもそのスペックは素晴らしく、最新機種なのでバリアングルモニターと、上位種に匹敵するオートフォーカス機能が搭載されています。

正直SONY αシリーズが欲しい方で価格を抑えたい方は、これを買っておけば失敗はありません。

Youtube用動画やVlogの撮影にも非常に最適です。

 

僕も2台目の手軽に持ち出す用に使用してます!でも正直こいつ1台あればあまり困らない・・・

 

α6300

 


 

発売 2016年
価格 72,924円(税込)Amazon価格
センサーサイズ APS-C
有効画素数 2420万画素
連射速度 11コマ/秒
ISO 100~25600
動画 4K30fps
マウント ソニーEマウント
重量 361g

>>より詳しいカメラ解説記事はコチラ

10万以下で買えるモデルとなります。

スペックは一番劣りますが、同価格帯の他メーカーに比べたらコスパは良いです。

 

 

α6000シリーズにおすすめなレンズ

α6000シリーズでおすすめするレンズはSONYの標準レンズ、Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSSです。

こちらのレンズを持っていれば、多くのシーンで活用することができます。

 


 

 

より背景とのボケを再現したい方は、SIGMA  Contemporary 16mm F1.4 DC DNをおすすめします。

この価格とは思えないほどの高性能レンズで、F値も1.4と明るいので鮮やかな写真、動画を撮ることができます。

 

僕もYouTube撮影用や商品写真を撮影する際はこのレンズを使ってます!

 


 

SONY αシリーズ徹底比較:まとめ

SONY αシリーズ徹底比較:まとめ

いかがでしたでしょうか。

SONY αシリーズを徹底的に比較させていただきました。

それぞれの用途によって購入するものは違うと思いますが、SONYのカメラは品質とコスパの観点から絶対に失敗はありません。

 

レンズを検討している方は以下の記事を参考にしてください。

【 レンズの選び方 】動画撮影用で最低限抑えるべきレンズ【 初心者向け 】
【 レンズの選び方 】動画撮影用で最低限抑えるべきレンズ【 初心者向け 】

続きを見る

 

 

これからYouTubeやVlogに挑戦する方は、下記の記事で撮影方法や必要機材について紹介しています。

Vlogの撮り方について【 これから始める方へ 】
Vlogの撮り方について【 これから始める方へ 】

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

KOTARO

フリーランス動画クリエイター・YouTubeプロモーター 一生会社員という働き方に疑問を感じ、独立しました。今はノマドに楽しく生きてます。 知識0→月収100万突破。動画編集・映像制作での稼ぎ方や、フリーランスとしての立ち回り方についての発信が多めです。動画機材もどんどんレビューします。趣味のサーフィンのことも時々書きます。

-VLOG, 撮影機材

Copyright© taros blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.