動画編集

【動画編集の練習方法】超具体的に解説

【動画編集の練習方法】超具体的に解説
動画編集を始めたけどどうやって練習するの?

 

そんな疑問を解決します。

この記事では動画編集で稼げるようになるための練習方法について超具体的に解説していきます。

 

こんな方におすすめ

  • 動画編集初心者
  • 動画編集で副収入を得たい方

 

練習してスキルが身に付いたらガシガシ営業して案件をこなしていきましょう!

今回は必要最低限の編集レベルに引き上げる練習方法を紹介します!

 

結論、自分の動画で練習してポートフォリオを作り、そのまま営業ツールにしましょう。

 

この記事の信頼性

2020.2月より動画編集を開始→月収120万突破。現在は企業VPやMVの制作もしています。

 

動画編集をこれから始める、道具を揃える方はこちらの記事からどうぞ!

【 動画編集に必要なスキルは? 】何を勉強すべきか教えます!
【 動画編集に必要なスキルは? 】何を勉強すべきか教えます!

続きを見る

 

【動画編集の練習方法】自分を撮影しよう!

【動画編集の練習方法】自分を撮影しよう!

動画編集で案件をこなすのに最低限のスキルとは?

 

まずはどんなスキルが必要かについてです。

以下のスキルが身に付いたら最低でも動画編集でお金を稼ぐことができます。

 

・テロップ
・画像挿入
・エフェクト挿入(キーフレームや既存のエフェクト)
・SE、BGMの挿入

 

駆け出しの方からしたら難しく見えるかもしれませんがどれも超簡単なスキルです。

「動画編集 〇〇」と上記の項目で検索すればいくらでもやり方が出てきます。

 

自分を撮影し、ポートフォリオに

 

フリー素材で練習できる動画を探したり、無料コミュニティーで練習素材を求める時間は超無駄です。

サクッと自分で撮影してその動画を編集しましょう。

 

動画編集者は営業の際に『ポートフォリオ』が必須となります。

=『編集者の実績』ですが、駆け出し編集者には実績などありません。

 

そこでポートフォリオにも使える『自己紹介動画』を作成しましょう。

カメラの前で自分の自己紹介、週稼働時間、編集ソフト、自分に依頼する付加価値などを話します。

(こちらも「動画編集 ポートフォリオ」などで検索すればたくさん参考になると思います)

 

必要機材はiPhoneのみ!

強いて言うなら三脚があれば便利です。

個人的には三脚にも自撮り棒にもなる『ゴリラポッド』がおすすめです。


 

自己紹介動画でスキルを見せる

実績がない駆け出し編集者は自己紹介動画で自分のスキルや付加価値を提示するしかありません。

自己紹介動画を編集し、上記の必要最低限のスキルを身につけましょう。

 

納得いくまで作り込むのも良いですが、ある程度完成したら営業して仕事をゲットしましょう!

 

【まとめ】営業しまくろう!

【まとめ】営業しまくろう!

いかがでしたでしょうか!

僕がこの記事で言いたいのは「グダグダ練習ばかりしてないで営業して稼ごうよ」ということです。

プレッシャーのない練習よりも責任感のある案件の編集は何倍も自分を成長させてくれます。

 

最低限のポートフォリオが完成したらガシガシ営業していきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

こうたろう公式ラインでは、動画編集、映像制作の稼ぎ方、営業方法、自分の付加価値のあげ方について定期的に配信しております!

良かったら下記リンクから友達登録お願いします!

友達登録

 

僕も所属している「稼ぎながら学べる」映像制作スクールに興味のある方は下記記事からどうぞ!

【 案件獲得保証 】動画編集コンサルコミュニティー
【動画編集コンサルコミュニティー】AIMクリエイターズカレッジ

続きを見る

  • この記事を書いた人

KOTARO

フリーランス動画クリエイター・YouTubeプロモーター 一生会社員という働き方に疑問を感じ、独立しました。今はノマドに楽しく生きてます。 知識0→月収100万突破。動画編集・映像制作での稼ぎ方や、フリーランスとしての立ち回り方についての発信が多めです。動画機材もどんどんレビューします。趣味のサーフィンのことも時々書きます。

-動画編集

Copyright© taros blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.