動画編集 撮影機材 映像制作

映像制作に必要なスキルは?初心者向けに解説します!

映像制作に必要なスキルは?初心者向けに解説します!
映像クリエイターになりたい!必要なスキルや勉強方法は?

 

そんな疑問を解決します。

 

カメラなどの機材の進歩、動画編集ソフト、YouTubeなどのプラットフォームの発展で『映像』というものはより身近になりました。

スマホの普及によりネット上に動画が溢れ、5Gの台頭により映像クリエイターの需要は急増していきます。

 

この記事では、映像クリエイターになるための必要なスキル、勉強方法を初心者向けに解説します。

この記事を読めば、映像クリエイターとして活躍するための努力の方向性がわかるので、ぜひ挑戦したい方は最後までお読みください!

 

 

こんな方におすすめ

  • 映像制作に興味がある方
  • 景気に左右されないスキルを身につけたい方
  • 何か新しいことにチャレンジしたい方

 

 

この記事の信頼性

フリーランスで動画編集や映像制作をしています。企業の動画広告やYouTube運営が主な業務です。知識0から独学で月収100万達成

 

映像制作に必要なスキル:まずは機材を揃えよう

映像制作に必要なスキル:まずは機材を揃えよう

映像制作といってもその内容は多種多様です。

TV番組、テレビCM、WEB-CM、SNS動画、イベント映像、映画、ドラマなど、多種多様な場面で使われる映像を作り上げる仕事です。

 

映像制作の仕事を目指すのなら、自身がどんな映像を作りたいか、どんな分野で活躍したいか、

イメージしてみることが大切です。

 

まずは最低限機材を揃えないとスキルの付けようがありません。

映像クリエイターとして最低限揃えるべき機材について紹介します。

 

カメラ

映像クリエイターの命、カメラですね。

プロ御用達のフラッグシップ機、入門機、趣味用などたくさんありますが、予算に余裕のある方は最初からプロ仕様のものを選ぶことをおすすめします。

 

その理由は以下の通りです。

  • 初心者でも機材の性能を借りてある程度の映像が撮れる
  • プロ機は最初から撮れる映像の幅が広い
  • 上手く撮れなければ完全に自分のせいなので成長スピードが早い
  • その機材を持ってるだけで取れる仕事がたくさんある

僕も映像制作の世界に独学で飛び込んだときに、借金して当時多くのプロクリエイターが使っていたSONY α7ⅲを購入しました。

 

現在の最新機種でおすすめできるのはSONY α7ⅲの後継機、SONY α7sⅲか、Panasonic Lumix GH5Sあたりですね。

 


 


 

さらに詳しくカメラについて知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

この中から選べば間違いありません!

【 初心者向け 】映像制作にぴったりのカメラ(動画に特化)
【 初心者向け 】映像制作にぴったりのカメラ(動画に特化)

続きを見る

 

PC

カメラで撮った映像を編集するPCが必要になります。

僕も完全素人でMac book pro 16インチを購入しました。

Macは買うときも高いですが、売る時も高いのでそう考えるとコスパが良いです。


 

なるべく初期費用を抑えたい方でも、以下の最低スペックは揃えてください。

CPU:Intel Core i7以上

メモリ:16G以上 32G推奨

液晶サイズ:なるべく大きめ

このスペックで個人的にコスパが良いと思うPCは、マウスコンピューターのm book k700ですね。


CPUがIntel Core i7、メモリも16Gの15.6インチのPCなのでスペック的にも十分ですし、この価格帯では一番コスパが良いと思います。

 

さらに詳しくPCスペックについて知りたい方はこちらも合わせてお読みください!

動画編集に必要なスペックのPCは?【 初心者ガイド 】
動画編集に必要なPCスペックは?【 初心者ガイド 】

続きを見る

 

動画編集ソフト

動画編集ソフトは本当にたくさんありますが、Adobeソフトを最初から使っていると映像制作の多種多様な需要に応えることができます。

YouTubeの編集代行においてもAdobeプレミアプロ指定も案件が多いので、Adobeを選べば間違いありません。

 

画像編集のPhotoshop、アニメーションなどの映像に特殊効果を加えるAfter Effects、動画編集のPremier Proなど、Adobe製品は各ソフトごとの連携が魅力です。

Adobe製品全てを使えるAdobe CC コンプリートプランというものがあるので、プレミア単体よりもそちらを契約した方がコスパが良いです。

 

以下の記事で、Adobe公式サイトよりも格安でAdobe CCを契約する裏技について解説しています。

Adobe CCを格安で契約する方法【 2020年最新 】
Adobe CCを格安で契約する方法【 2021年最新 】

続きを見る

 

映像制作に必要なスキル

映像制作に必要なスキル

では、ここから映像制作に必要なスキルについて解説していきます。

どういう映像を作るのか?によって求められるスキルは変わってきます。

映像1本まるまる作れる方が仕事の幅も広がりますし、「どのジャンルに特化するか?」が重要になってきます。

 

それを踏まえて必要なスキルは以下の通り。

  • 撮影スキル
  • 編集スキル
  • CGアニメーション製作スキル
  • 音響・照明スキル
  • 企画構成スキル
  • ディレクションスキル

こちらを深掘りしていきます。

 

撮影・編集スキル

映像クリエイターとして真っ先に身につけなければいけないスキルです。

撮影についてはYouTubeのチュートリアルが非常に参考になりますし、良い映像を見まくり、自分で映像作品を作ることで上達していきます。

中でも上達への一番の近道は現場で実践をこなすことなので、どんどん仕事をとる中で成長していきましょう。

 

編集スキルについてはオンライン講座を使って身につけてしまうことを強くおすすめします。

無料の情報では非常に効率が悪いですし、編集の他に撮影・仕事の取り方・・現場での動き・動画マーケティングが学べるオンライン講座がたくさんあります。

多種多様の映像制作に対応するために、撮影・編集ができないと仕事を受ける土俵にも上がれません。

 

僕も受講した、おすすめできるオンライン講座は以下の通りです。

最速でYouTube編集スキルを学ぶ【Movie Hacks】

MovieHacksの概要

動画編集界のインフルエンサー「生ハム帝国」が講師を務めるMovie Hacksです。

YouTube動画の編集スキルに特化しており、この講座を受講するだけでYouTubeの編集案件を獲得するスキルを身につけることができます。

また、YouTubeに必要不可欠のサムネイルの作成スキルや、テキストアニメーションを学ぶことができます。

 

受講者限定の案件案内所や、回数無制限で講師の生ハム帝国さんにLINEで質問がし放題という特典もあります。

 

Twitterでの口コミも評判が良く、現在日本に存在するYouTubeの動画編集講座では一番優れていると言っても過言ではありません。

 

 

講座終了後すぐに案件が取れたので講座代は1ヶ月で取り戻しました。

マジでコスパ最強。受けてよかった。

>>-Movie Hacks- YouTubeに特化した動画編集講座

 

さらに詳しい講座についての解説は以下の記事を参考にしてください。

MovieHacksの口コミ【 実際に受講した結果稼げたか 】
MovieHacksの口コミ 受講者が辛口評価【 特典あり 】

続きを見る

 

映像についての全てのスキルをつける→【AIMクリエイターズカレッジ】

僕は撮影スキル、YouTube運用方法、動画マーケティング、営業スキルなど全てこのスクールで学びました。

僕が独立後8ヶ月ほどで月収100万を超えることができたのは間違いなくこのスクールのおかげだと思います。

 

AIMで学べるスキル

  • 基本的な動画編集スキル
  • カメラ、機材知識
  • 撮影スキル
  • ディレクションスキル
  • YouTube運用方法
  • 動画マーケティング
  • 営業スキル
  • etc...

映像クリエイターとして必要なスキルを網羅した動画コンテンツが視聴し放題です。

 

このスクールの良いところを紹介します。

AIMのメリット

  • 実際に案件がこなせる=稼ぎながら学べる
  • プロ講師に質問し放題=疑問が常になくなる
  • どんな案件もこわくない=事前に相談可能なので
  • スクールというよりコミュニティー=一緒に頑張る仲間ができる

ということで、スクールにコミットできる方は制作チームに入れるので講座代を取り戻しつつ学ぶことが可能です。

講師に質問し放題なので、「映像」に関する疑問、「営業」の関する疑問が瞬時に解決できます。

 

自分一人で独学してたらまだ全く稼げないで疲弊してたと思います。

さらに詳しくは以下の記事で解説してるので参考にしてください。

【 案件獲得保証 】動画編集コンサルコミュニティー
【動画編集スクール】AIMクリエイターズカレッジ

続きを見る

 

CGアニメーションスキル

CGやアニメーションを作れるなら、アドバンテージはかなりでてきます。

希少性の高いスキルほど単価や需要が上がるので、CGや3Dアニメーションが作れるツールを使いこなせるようにしておくとよいでしょう。

AdobeのAfter Effectsに特化したアニメーションクリエイターも最近出てきてますね。

 

音響・照明スキル

音響・照明は映像のクオリティーを左右する非常に大切な要素です。

テレビ業界でも専門職の方がいる通り、この二つを理解していくことは自分の映像の質を向上するのに必要不可欠です。

 

音声が悪く見ていられない映像、光の当たり方がおかしく違和感のある映像など、ここがプロとアマの違いかなと思います。

 

企画構成スキル

映像を作るときに、「この動画の目的は何か?」「誰に届けるのか?」ということがとても大事です。

企業の商品を動画で売りたいのか、HPや店舗に誘導して集客したいのかで動画の構成は変わってきます。

 

クライアントにしっかりとヒアリングしてそれを動画に落とし込み、企画構成を提案する能力です。

クライアントは映像についてしっかりと理解していないので、僕らプロのクリエイターがクライアントの要望をしっかりヒアリングして提案しなければいけません。

 

このスキルはとにかく現場をこなしたり、CMや動画広告をたくさん見て『なぜこの動画が人を惹きつけるのか』ということを試行錯誤して身につけていきます。

 

ディレクションスキル

ディレクションについて一番簡単に解説すると、「映画監督」です。

現場を指揮し、撮影者、編集者などのクリエイターを取りまとめて良い映像を作ります。

 

やはり現場を仕切るには上記のスキルの精通が必要で、場数もたくさんこなしている必要があります。

 

僕の場合は編集については他のクリエイターにディレクションしています。

こちらも本当にたくさんの編集案件をこなしたからこそ、的確な指示、正解の編集が理解できるようになったので、とにかく焦りは禁物で、いずれ身につけたいスキルです。

 

映像制作に必要なスキル:まとめ

映像制作に必要なスキル:まとめ

いかがでしたでしょうか!

映像制作に必要な機材・スキル・勉強方法について解説しました。

 

まずは最低限の撮影・編集スキルをオンライン講座などで身につけてしまい、案件をこなす中で自分のやりたい映像について考えていくのが良いと思います。

僕は人を撮ったり、自然を撮るのが好きなので、その方向で自分に足りないものを日々勉強しています。

 

映像クリエイターは自分のクリエイティブを試せる最高の仕事です。ノマドにどこでも働けますしね。

この記事が参考になれば幸いです!ありがとうございました!

 

こうたろう公式ラインでは、動画編集、映像制作の稼ぎ方、自分の付加価値のあげ方について定期的に配信しております!

良かったら下記リンクから友達登録お願いします!

友達登録

 

僕も所属している「稼ぎながら学べる」映像制作スクールに興味のある方は下記記事からどうぞ!

【 案件獲得保証 】動画編集コンサルコミュニティー
【動画編集スクール】AIMクリエイターズカレッジ

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

KOTARO

フリーランス動画クリエイター・YouTubeプロモーター 一生会社員という働き方に疑問を感じ、独立しました。今はノマドに楽しく生きてます。 知識0→月収100万突破。動画編集・映像制作での稼ぎ方や、フリーランスとしての立ち回り方についての発信が多めです。動画機材もどんどんレビューします。趣味のサーフィンのことも時々書きます。

-動画編集, 撮影機材, 映像制作

Copyright© taros blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.